拡大を続ける越境EC

拡大を続ける越境EC

近年、ECの利用者数の増加に伴い、日本でも越境ECが盛んになってきています。
日本の製品は外国の方々から、高品質で安全であると認められていることも大きな要因ではないのでしょうか?
今回は、越境ECの拡大の理由やメリット・デメリット、実際に越境ECを行った事例についてご紹介します。

越境ECとは?

越境ECとは、多言語多通貨対応している通販サイトを通じて行う国際的な電子取引のことです。基本的には、海外の消費者に向けて日本の商品を販売するビジネス形態を指します。
近年では海外のECモールに出店(出品)し、外国消費者へ販売する形態も広義で使われています。

越境ECの市場規模

2014年~2018年の間、越境ECの市場規模は日本で1.4倍、米国で1.6倍、中国で2.3倍となっています。
2018年の越境EC市場規模は約74兆円(約4000憶ドル)。経済産業省によると、2020年には109兆円に上ると予測されています。

越境ECが拡大する背景

越境ECの市場が年々拡大し続ける要因についてご紹介します。

ネットインフラの普及

2019年3月現在、世界のインターネット普及率は56%です。これは、昨年より10%高い数値となっており、年々増え続けています。
発展途上国の低価格スマートフォンが普及し、モバイル端末からのインターネット接続が拡大したことが大きな要因となっています。
特にASEAN地域、アフリカ新興国などで、大きく普及しました。

海外のEC消費伸長

成熟期フェーズに入ってもおかしくない米国、欧州、中国市場のEC消費は、いずれも二桁成長を維持しています。
2017年と2018年を比べると、中国が1兆1000憶ドルで35%増、米国4,600億ドルで16%増、英国1,100億ドルで18%増となっています。
モバイル端末普及によるEC消費の伸長が目覚ましいASEANでは2025年までに、タイが33%増、ベトナムは43%増、インドネシアでは300%増を見込まれており、GoogleやAmazonなどの巨大企業も次々にマーケットへの投資を開始しています。

インバウンド観光客のリピート購入

訪日外国人の数は着実に増えおり、2015年の1,970万人から2018年には3,190万人と62%増となっています。
その9割近くがアジア圏の国からの観光客であり、日本の消費財や食などへの興味・関心が強い外国人が買い物目的で訪日する傾向が見受けられます。
帰国後も気に入った商品をインターネットで検索し、購入するファンも増えています。

越境ECのメリット,デメリット

拡大を続ける越境EC

成長し続る越境EC市場に参入する企業も多い中、実際に越境ECを開始することでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
具体的にわかりやすくご紹介します。

越境ECのメリット

商圏拡大

少子高齢化により縮小傾向のある国内市場とは異なり、中国や6億人を超えるASEAN市場、購買力の高い欧米市場など、世界の市場人口は増加傾向にあります。
国を跨ぐECモール拡大、言語・通貨の壁を破るテクノロジーの発展により、容易に巨大市場へアクセスできるようになりました。

付加価値>価格で勝負できる

現在、国内市場では類似商品との差別化、コスト勝負などが激化しています。
しかし、越境ECでは、商品の開発ストーリーやその歴史、「日本ブランド」などを訴求し、対象国の安価品とは異なる品質と高価格帯でのブランディングが可能となります。

越境ECのデメリット

決済、言語、規制の違い

国ごとに通貨単位や言語が異なるため、商品情報をすべて多言語化する必要があります。

日本国内のような多様な決済手段が用いられるのは一部先進国のみであり、銀行口座やクレジットカードがしていない国もあります。
そのため、価格帯とターゲット層が使う決済手段を事前に調べ、金流を段取りすることが大切です。しかし、モールを活用する場合には、この手間が省略できます。

売り場に限らず、食品や化粧品、電化製品や一部アパレル商品などは各国の法律によって規制されています。そのためそれぞれに認証や届出が必要な場合があり、各国が定める書類の提出はハードルが高い現状があります。

貿易、関税、物流の違い

世界最高水準の物流インフラを誇る日本国内と同じように海外物流を考えてはいけません。多くのEC事業者は、日本から商材を輸出するだけでも壁にぶつかります。
輸出するために、「INVOICEの作成」「船便・航空便の手配」「商品×対象国毎に異なる関税の算出とその徴収方法の設計」が必要となってきます。また、「対象国到着後の国内物流」も検討が必要です。法律とは別に、輸送する商品によっては制限を受けるため、まずは自社商品がその国で「売る事ができるのか」を確認し、その後「送る事ができるか」のチェックが必要不可欠です。

越境ECの事例

実際に、エスプールロジスティクスで越境EC展開のサポートを行った事例を紹介します。

事例①肌ケア商品を台湾で展開した事例

共働き率が高い台湾で働く女性を対象に、「自分ご褒美」として肌ケア商品を訴求しました。SNS映えする商品特性を活かし、台湾でも日本の広告素材を活用したSNSマーケティングを展開し、自社サイトに誘導しました。
当初は国内EC在庫からそのまま台湾ユーザーへの直送を開始し、リスクを最小限に抑える方法を取りました。途中から台湾倉庫に在庫を置き、台湾国内での発送代行を開始し、安価な台湾国内物流をエンジンに年商3憶円まで成長し国内よりも高い収益率を実現しました。

事例②機能性の高い文具をアメリカで展開した事例

世界でも評価高い日本の文具を物価高い北米で販売しました。広大な国土と東西に分かれる人口分布、複雑な税制がネックとなりましたが、ECモールを「レジと倉庫」として活用しました。
在庫は日本の倉庫に置き、不定期で米国モール倉庫へ納品することにしました。10月最終週から始まるホリデーシーズンに合わせ、夏よりテスト販売を開始。モールサイト内での広告テストも繰り返し、12月には単月売上5,000万円を挙げました。その後、SKUを増やし毎月1,000万をコンスタントに売り上げ、その後、欧州、豪州への拡大を計画しています。

まとめ

激化する国内EC市場と比べ、伸長続ける世界のEC市場は魅力的です。特に「日本ブランド」は、世界中どこでも通用する信頼の証と言えるでしょう。
価格だけではない付加価値を売っていくことが越境ECの成功のカギを握ります。インターネットの世界的普及とITサービス進化により、国と国の距離は縮まり、国を跨いだビジネスも容易になりました。
ただし、越えるべきハードルが多いことも事実です。そこで、知見あるパートナーを活用すべきでしょう。
「どの国で、誰に自社商品を訴求するか」という一点に事業者は注力し、レッドオーシャンと化する国内市場から飛び出し、海外のブルーオーシャンを目指す動きは加速していきます。