IoTロジスティクスの導入で、無駄なく、時代に即したビジネスを

IoT(Internet of Things) とは、あらゆる「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、
情報交換することにより相互に制御する仕組みです。
ロジスティクスにおけるIoTの活用は、ビジネスやCX(カスタマーエクスペリエンス)の改善・拡張を可能にしています。
エスプールロジスティクスでは、モノの動きを把握し、それを販売活動に活かすことで、
生産性を最大化させるIoTロジスティクスをご提案いたします。

業務プロジェクトコンセプト

Value Logistics 「モノ」を動かすのではなく「価値」を運ぶ

飛躍的な利益率の向上

RFID導入によってヒトやモノの動きをタイムリーに把握することで、
需要予測はもちろん、ムリ・ムダ・ムラ(3ム)の無い製造・販売や、効率的な流通活動が可能になります。
こうしてあらゆるフェーズの効率化が実現すれば、利益率を飛躍的に向上させることもできます。

RFIDとは?

RFID (radio frequency identification)とは、電波を用いてタグのデータを非接触で読み書きする自動認識技術のことを指します。
バーコードでの運用では、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができます。
電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。

IoTロジスティクスによるビジネスソリューション

RFIDタグに記憶させた情報を、無線通信で読み書きするRFIDなら、商品の絶対単品管理を実施することができます。
RFIDによってレンタル回数のスムーズな管理が実現すれば、実店舗、ECに加えて「レンタル」という販売チャネルの獲得、
さらにはスピーディーなマーケティングデータの収集が可能になります。

IoT 物流センター品川

Comming Soon

パートナー