CSR Corporate Social Responsibility

事業を通じた社会貢献事業紹介

  • TOP
  • CSR
  • 事業を通じた社会貢献

“ディーセントワーク”を支援する多彩な事業を
開発・展開し、社会課題を解決しています。

少子高齢化が加速するなか、官民をあげて新たな働き手の確保や労働環境の向上などのテーマに向けて、多様な取組みが実施されています。しかしながら、主役であるはずの働き手が必ずしも「働き甲斐のある仕事(=ディーセントワーク)」に就いているわけではありません。
私たちエスプールは、独自のビジネススキームを開発し、障がい者や高齢者、ひとり親、未経験者といった就業機会の少ない人材層のディーセントワークを支援する多彩な事業を展開。本業を通じた社会課題の解決により、日本を元気にすることができればと考えています。

障がい者
雇用促進

知的障がい者雇用促進

障害者雇用促進法の改正を背景に、企業の障がい者雇用の意欲が高まるなか、「本業から業務を切り出し、定着させることは難しい」のが現実です。
こうしたなか(株)エスプールプラスでは、障がい者が楽しくやりがいをもってイキイキと働ける企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園」の運営などにより、障がい者雇用を支援。累計雇用実績は780名、定着率95%以上を実現しています。

主婦活躍

未経験者育成・登用

子育てや家事を行っている主婦は働きたくても時間の制限が発生してしまうため、就業しづらいといった課題がありました。
(株)エスプールセールスサポートのマーチャンダイジング事業部では、時間の制約に捉われない各店舗への巡回業務を行っており、主婦層の新たな働き方を創出しています。当事業部に就業する社員の98%を主婦が占めており、個々の都合に合わせた出勤日や就業時間内で働きやすい仕事を見出しています。

地方での
雇用創出

地域での雇用創出

政府主導で地方創生のためのさまざまな施策が実施されている昨今、重要なテーマのひとつとなっているのが地方における雇用創出です。
エスプールの採用支援事業部では、サービスの中核となるコールセンターを人口10万人以下の地方都市に展開。これまで北海道北見市、宮崎県日南市、西都市の3都市にコールセンター初進出を実現。地域の若者や主婦の新たな就業先となり、事務系の仕事が少ない地方都市から高い注目を受けています。

シニア人材の
活用

高齢者ノウハウ活用

エスプールでは、定年退職した高齢者が持つ高度で専門的なノウハウや人脈を積極的に活用して企業課題を解決する「プロフェッショナル人材バンク」事業も展開しています。
経営のプロとして経験を積んだエグゼクティブから、現場での実績が豊富なミドルまで5,200名の登録のプロフェッショナルが在籍しており、500社を超える企業の顧問、実務担当者として活躍しています。