CSRCorporate Social Responsibility

人権人権

人権の尊重

「アウトソーシングの力で企業変革を支援し、社会課題を解決する」

エスプールグループの経営理念において、人権の尊重は根幹をなすものであり、事業活動における最も基本的な要件の一つとして重視しています。
国際人権章典、「労働における基本的原則および権利に関する国際労働機関宣言」および、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」にコミットするとともに、事業活動を行う地域で適用される法律を遵守することはもちろん、国際的に認められた基準と各地域における法律の間に差異がある場合には、より高い基準を遵守します。
また、国際的に認められた基準と各地域の法律に矛盾がある場合には、国際的な人権の原則を尊重するための方法を追求します。

エスプール人権方針

エスプールグループは、設立以来「人」に関わる事業を中心に展開しています。全ての事業を持続的に推進していくために、人権の尊重をはじめ、人種、肌の色、言語、信条、宗教、性別、性的指向・性自認、国籍、年齢、出身、心身の障害、病気等の事由のいかんを問わず差別や人権侵害を行わないよう努めていくとともに、差別待遇の禁止、児童労働や強制労働の禁止、結社の自由と団体交渉権を含む「労働における基本的原則および権利に関する国際労働機関宣言」などの原則に従います。

ハラスメントへの対応

ハラスメント行為は人権にかかわる問題であり、従業員の尊厳を傷つけ職場環境の悪化を招く、見過ごすことのできない重要な問題だと考えています。エスプールグループでもハラスメント行為を断じて許さず、すべての従業員が互いに尊重し合える、安全で快適な職場環境づくりに取り組んでいます。

ハラスメント教育

エスプールグループでは、人権問題について、コンプライアンス研修の一環として、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント防止を目的に、管理職者への教育・研修を定期的に実施しています。

内部通報制度

エスプールグループでは、各種ハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ等)に対して広く相談に応じ、迅速かつ適切に対応するためハラスメント相談窓口を設けています。
ハラスメント行為を「しない」「させない」「放置しない」を基本方針として取り組んでおり、相談専用アドレスを設置することで、問題の早期発見、解決、是正を図っています。相談者・行為者等のプライバシーについても厳重な管理を行い、また、相談窓口へ連絡したこと等を理由とした、いかなる不利益な取り扱いも禁止しています。