株式会社エスプール

お問合せ

JP

EN

文化を知る

文化を知る

競争と協調の文化

「さん」付けで呼び合う

全ての社員がお互いを「さん」づけで呼び合っています。上司に話しやすくし、組織内の風通しが良くなるために、どの役職の社員に対しても「さん」付けで呼ぶ文化が根付いています。もちろん、社長も「浦上さん」と呼ばれています。

チャレンジを推奨する風土

エスプールグループでは、「失敗を恐れずチャレンジする!」をバリュー(価値基準)の一つとして掲げています。チャレンジをしなければ、真の成功や成長は得ることはできないという理念のもと、社員のチャレンジを大いに推奨しています。また、失敗は次回の成功のための学習の機会であるという考えが浸透しており、チャレンジし続ける文化が根付いています。

人を育てる文化

成長を後押しする研修プログラム

仕事のハードルが上がるたび、社員はおのずと学習する必要に迫られます。会社は、そのような状況にある社員に、状況にあった学習機会や手法を提供します。仕事上必要となって学習し、学習することでできる仕事の幅が広がり、さらに高いハードルの仕事にチャレンジする。その環境を提供する形で社員を支援していく事こそが、真の社員教育と考えています。

充実した新入社員研修

ビジネスパーソンとしてどこでも通用する力をいち早く身につけることに主眼を置き、新入社員育については特に力を入れています。3年間の育成プログラムを通じて、成長し続けることの大切さ、自ら学び・考え・行動する自立性、貢献意識を常に持ち合わせる協調性、顧客の期待を常に超えるプロフェショナル精神、情熱と冷静さを併せ持つリーダーシップ理論などを学びます。

資格取得支援制度

各事業会社によって認定されている資格を取得した際に、資格取得にかかった費用の一部または全額を補助する制度です。社員が専門能力を身につけることで、事業の可能性をさらに広がるとともに、社員の市場価値そのものが向上すると考えています。

Page top